1 Shares

自律神経を整える3行日記を5年日記帳で始める。50歳からの心と身体を記録する。

50歳からの5年間を記録する5年日記

2016年10月に50代の大台にのりました。
あぁ、もう50歳なんだ。初老だ、綾小路きみまろの話にくすっと笑ってしまう中高年だ、いや、体力的には立派なおばーさんだ。

恋愛の話しより親の介護の話し、美容やファッションより健康や病気の話題、夫の愚痴や子育てよりも、自分の老後どうするか問題が重要。そうよ、50代って夢や希望に満ちた世代を通り過ぎ、介護や老後、そして自分の体調不安ががより現実的になってくるお年頃なのよ。

何もしないでぼーっとしてたら、あっという間に1年たって、すぐに60歳になっちゃうので、明るく、楽しく、実りある50代を過ごすべく、2017年から5年日記を書き始めることにしました。

ただの5年日記ではなく、自律神経を整える3行日記を5年間続けるのです。

スポンサーリンク

自律神経を整える3行日記(3年日記)とは?

2017年の手帳を探している時に、偶然みつけたのが「自律神経を整える 小林式3年日記」です。

これは本と言うより、自律神経と整える日記の書き方+3年日記がセットになったような日記帳で、内容はこのような感じ。

1日5分の健康メソッド!3つの項目を書くだけで、人生は劇的に変わる!!

  • 体調が良くなる
  • ストレスが消え、心が安定する
  • 常に100%の力を発揮できる

寝る前のリラックスタイムに、1日を振り返る。呼吸を整え、ゆっくりと丁寧に書く。日記に書くテーマは、3つのポイントだけ。

  1. その日、一番よくなかったこと
  2. その日、一番よかったこと
  3. 明日の目標

自律神経を整える 小林式3年日記

1日3行(3つの項目)だけでOKなので、3行日記と呼ばれていています。
本当にこの3つを書くだけでいいのなら、大雑把でズボラな私でも続くだろうし、体調がよくなり、ストレスが消え、心が安定するという素晴らしい効果に期待して、はじめてみよう~と思ったのです。

5年日記を選んだ理由は、キリがいいから

5年日記

3年日記でもよかったのですが、私がちょうど50歳なので、50歳~55歳までの私を記録するということで、キリのいい5年日記にしました。

10年日記も考えたのですが、さすがに10年分となると日記帳が分厚すぎて、見た目も可愛くないのでやめました。

5年日記の中身を紹介

1年の始めに立てた、抱負や目標は達成されているのか?

1年のはじめの抱負や目標!5年分

ブログを書いていると、年の初めに「今年の抱負」なんてタイトルで記事を書きます。えぇ、私、たぶん毎年書いてますよ。でも、振り返ってみると、毎年同じことを書いています。

それは、抱負や目標が達成されていないからでもあり、よく言えば諦めていないからでもあります。私の2016年の抱負はこちら↓でした。

関連記事2016年の抱負。10kg痩せる、へそくり100万貯める、そしてシンプルに暮らす!

10kg太りました。シンプルに暮らせてません。ただへそくり100万は貯まりました。

ま、出来ること、出来ないことがあっていいのでしょうが、そう長くない人生、達成しないまま終わるのはちょっと悲しい感じもするので、ハードルを低めに設定してでも、達成感を味わりたいところ。ふむふむ。

毎月の予定と1日1ページが5年分

毎月の予定や目標と1日1ページ5年分

毎月の予定や目標なんかを書く場所があります。
1月は気合いの月なので、今月の食費は5万が目標とか書きたくなりますが、達成したことはありませんので書きません。ふん。

月初めには毎月の予定ページがあり、1日のページは5年分まとめてみることができるので、過去を振り返った時楽しめる感じがしますね。まだ1文字も書いていませんが、5年後がとても楽しみになります。

自分の誕生日が5年分。毎年何を思うのか?

私の誕生日5年分の記録

5年後の自分・・・想像するのも恐ろしいのですが、私も家族も健康で過ごせていれば幸せです。生きていることを願う。(笑)

例えば、息子が結婚してるかも?孫が産まれてるかも?一番下の三男が反抗期で不良になってるかも?5年後っていろんなことが想像できますね。何も変わらない・・・まぁ、それも幸せのひとつですね。どうなっているのか楽しみです。後悔しない5年間を過ごしたい。

2017年はDAISOの108円手帳

手帳は100均DAISOで購入

2017年は、5年日記を書くので手帳は予定管理のみのシンプルなものにしました。
毎日家にいて、仕事も家でしているので、予定らしい予定は学校行事と病院くらいなものなので100均手帳で十分かも。

シンプルな中身、予定のみ記録する

物忘れ防止対策はカレンダー

最近物忘れが多いので「見えるところに予定を書く!」ことにしています。

見えるところ=リビングのカレンダー

カレンダーには家族全員の予定が書いてあり、これで事足りているので手帳の出番はますます少なくなってきますね。
こうして、脳内も行動も年寄り化していくのですよね。実家のカレンダーには燃えないゴミの日まで書いてあったことを思い出します。ぷっ。

さいごに

毎日時間に追われて、流されるように生きてる。
1日があっという間に終わって、1ヶ月、1年の長さも年齢を重ねるごとにスピードを増していく。

毎日、毎日、同じことの繰り返しにうんざりし、でも今日と同じ明日が来る幸せも感じている。変化のない毎日、でも少し変化がある毎日。毎日を記録することで、小さい変化が目に見えるようになるのかな?やる気のない毎日が今より充実するのかな?

まずは、「5年日記を書き始める」ことにチャレンジしてみます。