2017/10/07

更年期になりやすい?膣カンジダの症状と原因と治療方法

膣カンジダの原因、症状、治療方法

私、膣カンジダになりました。(涙)
これが初めてではなく、疲れや身体が弱っている時に何度かなったことがあるので「あー、またか。」と言う感じ。

膣カンジダは、女性の5人に1人は少なくとも1回は発症し、発症した2人に1人は再発する病気です。

妊娠中や抗生物質を飲んだあとにかかりやすいと聞きますが、女性ホルモンのバランスがぐずれる更年期にもかかりやすい病気だそうです。

女性にはよくある疾患、よくなる病気ですが、友達同士であまり話さない(話しにくい)話題なので、膣カンジダの症状、原因、治療法など、私の膣カンジダ体験記を記録しておきます。

スポンサーリンク

外陰膣カンジダとはどんな病気?

外陰膣カンジダとは?

腟カンジダとは、腟に常在しているカンジダという真菌(カビの仲間)が異常増殖することによって起こる病気です。

腟内は、乳酸菌によって酸性に保たれ、膣の自浄作用により、ほかの細菌の侵入を阻止しています。しかし、常在菌のバランスが崩れたり(妊娠、抗生物質の使用)、免疫力が低下したり(糖尿病、免疫抑制薬の使用、疲労など)するとカンジダ菌は増殖しやすくなります。

更年期を境に、エストロゲン(女性ホルモン)の分泌は低下します。今まで膣内を酸性に保ち、ほかの細菌の侵入を阻止してきた、膣の自浄作用が低下し、細菌感染が起こりやすくなります。

膣カンジダの症状

膣カンジダの典型的な症状が、かゆみとおりものの変化です。

  • 外陰部の強いかゆみ・灼熱感
  • おりものが多くなり、白濁する(酒かす状,かゆ状,ヨーグルト状,カッテージチーズ状)

今回、私は、強いかゆみではなく、膣入口あたりのむずむず感、と排尿痛(おしっこが出た後、ちくっと痛い)感じがありました。(おりものの変化はありませんでした。)膀胱炎?とも思ったのですが、検査をしたら膣カンジダでした。

何度目かの再発なので、症状が軽くてもその違和感に気が付きます。「あれ?もしかして?」と思ったら、病院又は市販薬での治療をおすすめします。

膣カンジダの原因

  • ホルモンバランスの崩れ(生理前後・更年期)
  • 膣内の常在菌バランスの崩れ(妊娠・抗生物質の使用)
  • 免疫力の低下(糖尿病、免疫抑制薬の使用、疲労)
  • 性的接触による感染

カンジダ菌は、温度や湿度の高い状態で繁殖しやすいため、できるだけ乾燥した状態を保つようにすることが大切です。締め付けの強い下着によるむれ、濡れた水着を長時間つけている、おりものシートの交換頻度などに要注意です。

膣カンジダの治療

膣カンジダの治療薬

膣の中に入れて使う、膣坐薬と外陰部に塗るクリームが処方されました。
昔は、数日ごとに洗浄に行って、薬入れてもらって・・・って感じだった気がするけど、イマドキは1錠で1週間使える膣剤があるのね。便利だわ。

「膣に入れたらすぐに薬が溶けて流れちゃうんじゃないか?」「1錠で1週間も持つのか?」と思ったけど、心配無用でした。多少薬は溶けて出てくるものの、おりものシートつけておけば大丈夫な程度でした。

膣剤を入れた翌日には排尿痛がなくなり、2日目にはむずむず感もなくなりました。

腟カンジダは市販の薬で治る

膣カンジダは再発しやすい病気です。むずむず・かゆみを感じたら、すぐに病院に行くのが一番ですが、忙しくてなかなか行けない場合は、ドラックストアや通販で買える「市販薬」が便利です。

病院で処方される薬と同じものが買えるので、病院に行かなくても膣カンジダの治療ができます。

ただし、以前に医師から、「膣カンジダ症の診断と治療」を受けたことがある方を対象にした、膣カンジダ症の再発治療薬なので、初めて腟カンジダを発症した場合は、医師による診察・治療が必要です。

膣カンジダの薬は、第一類医薬品なので、薬剤師さんがいる薬局でセルフチェックシートの確認及び説明を受けてから購入することになります。必要な時にすぐ購入できるメリットはあるものの、ちょっと恥ずかしいので抵抗が・・・。ネット通販ならメールでのやりとりで購入できるので恥かしくありません。

オキナゾールL100

私が病院で処方された膣坐薬と同じ薬です。(市販薬は、1日1錠使用するタイプのものです。)

「抗真菌成分オキシコナゾール硝酸塩」がカンジダ菌を殺菌し、外陰部の我慢できないようなかゆみ、赤み、腫れなども改善します。腟中の水分を吸収することで速やかに溶けて広がるため、錠剤が腟外へ脱落しにくくなっています。

オキシコナゾール硝酸塩100mg(1錠中)
(添加物:乳糖水和物、結晶セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、クエン酸水和物、ステアリン酸マグネシウム)

フェミニーナ 膣カンジダ錠

オキシコナゾール硝酸塩100mg(1錠中)
(添加物:乳糖水和物、結晶セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、クエン酸水和物、ステアリン酸マグネシウム)

メディトリート 膣坐剤

ミコナゾール硝酸塩100mg(1錠中)
(添加物:ハードファット)

メンソレータム フレディCC膣錠

イソコナゾール硝酸塩 100mg(1錠中)
(添加物:乳糖水和物、セルロース、ステアリン酸Mg)

膣カンジダの薬を使うときの注意点

  • 薬剤の効果を持続させるために、自分で膣内を洗わないこと
  • 入浴時に石けんの刺激をさけるため、外陰部はお湯だけで洗うこと
  • 生理中は使用できません
  • 市販薬は、1日に1錠使用するタイプで6錠入りです。6日以内に症状がなくなっても、6日間連続して使います
  • 6日使用しても症状が消失しない場合は、医師の診療を受けてください

さいごに

昔から、疲れ+ストレス+冷えが重なると、膀胱炎か膣カンジダになるタイプでした。
「あー、またか。病院に行くの、面倒くさいな。」と思ったのですが、むずむず感と排尿痛が気になって検査してもらいました。

診察は内診とおりもの検査。治療は、膣坐薬とクリームを処方してもらっただけでした。あれ?こんなもんか。薬だけの治療なら、今度からは市販薬でいいなーと思いました。

もうむずむず・かゆみを我慢しなくていいんだ。「あれ?もしかして?」と思ったら、市販薬でOKなのね。と思うとちょっと気が楽になりました。


再発治療薬オキナゾールL100 6錠

検査キットカンジダ検査キット(女性用)