0 Shares

ディナゲスト7ヶ月目、気胸の再発とカンジタ膣炎と10kg増

ディナゲスト体験記7ヶ月目の記録

ディナゲスト7ヶ月目の記録です。
今月も不正出血はなし。胸の張りはほとんどないのですが、乳首が痛いです。

気胸の再発は7/21の検査で「今回は治りました。」とのこと。(でも完治ではなく、経過観察。)そして、膣カンジタにもなりましたが、これも薬で完治?かな。

どちらも再発しやすい病気なので、油断はできないな。で、久しぶりに体重を計ったら、10kg増えていたと言う悲しい現実。最悪じゃ。(号泣)

スポンサーリンク

ディナゲスト7ヵ月目の記録

  • 不正出血なし
  • 胸の張りなし、乳首が痛い
  • 気胸の再発
  • 膣カンジタの再発
  • 食欲あり10kg増

胸の張りはないけど、乳首が痛い

不正出血は全くなし。胸の張りもなし。でも、乳首が痛い。よく生理前にもなっていた気がする。これから胸が張ってくるのか、それともこのまま治ってしまうのかは謎。乳首の痛みが数日続いているので、しばらく経過観察。

とは言え、普段はそれほど気にならず、ブラを外す時にこすれて痛い、触ると痛いくらいなので、問題なしと言えばなしです。

気胸の再発

「また気胸になっちゃいました~」と産婦人科医に報告したら、「うん、カルテ診たからわかってますよ。」と。同じ病院で電子カルテだから、報告しなくてもわかっているのね。

「次、再発したら手術になるかなぁ?」「閉経まで持てばいいけどね。」と先生と私はいつもの会話をして、薬をもらって帰ってきました。結局、気胸の原因がわからないので、生理止めて様子見るしかないのが現状です。

膣カンジタの再発

昔から、疲れや冷え、ストレスが重なると、膀胱炎か膣カンジタになる体質でした。最近は膀胱炎になる方が多く、膣カンジタは5年ぶりくらい?です。

「私、抵抗力が落ちるほど、疲れてるのかな?」と思ったけど、ホルモンバランスの崩れも膣カンジタの原因とか。それに女性ホルモン(エストロゲン)が減少する更年期以降は、自浄作用が低下し、膣炎にかかりやすいそうです。

私の場合、ディナゲストで女性ホルモン(エストロゲン)を抑えているので、それも原因のひとつなのかなぁ?と思ったり。女性ホルモンの減少っていろんなところで、心と身体に影響するんだなーと、実感しております。

10kgリバウンドしたのでダイエットします

糖質制限ダイエットして、去年の10月54kgだった体重が今64kgになってました。10kgのリバウンドです。

ディナゲスト飲んで、食欲が暴走して、食べ過ぎて、太ったのはわかってたけど、これほど増えているとは思わなかった。現実逃避しすぎました。(滝汗)

現在、増えた10kgを減らすべく、リベンジダイエット中です。あーあ。

さいごに

生理がないのは嬉しいけど、太るのはいただけない。
閉経まで太り続けるなんてありえないので、現在必死にダイエット中です。日々食欲と戦っています。長い戦いになりそうです。とほほ。