2017/04/16

6人家族の「考えない台所」計画実践中!毎日の台所しごとを簡単&ラクにするために。

猫

6人家族です。家族は、夫に息子3人に認知症の父と男ばかりです。
専業主婦なので、家事と介護はとーぜん、ぜんぶ私です。毎日、家事と介護と雑用に追われています。

  • どうしていつも忙しいんだろう?
  • もっと段取りよくこなせないのかな?
  • もっと自分のひとり時間を作りたいな。

と、思いつつ、目の前のやることに追われ、忙しいまま毎日を過ごしています。

このままじゃ、忙しいだけで、あっという間に私の人生が終わってしまう(涙)それじゃ、悲しいので、一番苦手な台所しごとを簡単にラクにするべく、6人家族の「考えない台所」計画をスタートします。

スポンサーリンク

考えない台所を読んで、いろいろ考える

考えない台所

考えるのが苦手な私が選んだのは、「考えない台所」と言う本です。

考えない台所とは、「台所しごとの正しいルールを知って、効率的に台所しごとをこなすための本」です。要するに、台所しごとのハウツー本

ちらっと読んで、「ふ~ん。」と思って、そのまんま放置。なぜかと言うと、考えない台所にするには、かなりたくさんのことを考え、段取りしなくてはいけないからです。

「うわ、面倒くさい。」そう、思って、半年。

今までいろんなジャンルのハウツー本を買ったけど、買って満足、読んで納得するだけで、実践できたことは、1割もないダメ女なのです。

「あー、これどっかで聞いたことある。読んだことある。」
「これ知ってる、前に何回かやったことあるけど、今はやってないな。」
「今度やってみよ。忙しいから、時間があるときやろう。」

言い訳と後回しが得意です。(汗)

関連ページ2016年の抱負は「やることを後回しにしない」です。

今日のごはん何?と聞かれるのがいちばんムカつく

考えない台所

でもね、読むと、心を揺さぶられる言葉がちらほら。

料理が苦手、時間がない。
それでも、ごはんの時間はやってくる

まさしくこれ↑。
いつもごはんに追われています。「今日のご飯なに?」と聞かれるのがいちばん嫌いで、いちばんムカつく。

好き嫌いが多すぎる夫、食べ盛りの息子たち、食の好みが違う父、糖質制限中の私、こんな6人家族の食事を毎日、毎日作り続けるのに、うんざり、うんざり、超うんざり。

今年こそは、家事の段取りをよくして、自分のひとり時間を確保したい!

6人家族の「考えない台所」計画

考えない台所

本の通りに行くとまず、マインド編があるのですが、ここはすっ飛ばして、準備編からスタートします。行動すれば、心は後からついてくると、思っているし、気持ちがどうであれ、私には絶対しなくちゃいけない台所しごとなのだから。(苦笑)

献立客観シートを作った

献立客観シート

まずは、「自分の献立を客観視することで、マンネリの理由が見えてくる!」そうで、そのための「献立客観シート」を作りました。えぇ、まだ作っただけで、記入していません。

横軸にメインの材料(牛肉・豚肉・鶏肉・魚介類・その他)縦軸に調理法5つに和洋中と書いて、自分のレパートリーを記入していくだけで、自分の献立の傾向がわかるそうです。

うん、確かにいつも同じメニューしか浮かばないのは、レパートリーが少ないからだ。これからちゃんと書き込んでみます。

続きます

家事全般苦手です。料理も苦手です。段取りも悪いです。

専業主婦に向いてない私が、三人息子の母で、認知症の親の介護もしています。ホント向いてないので、ストレスばっかり溜まりますが、文句ばかり言っていても仕方がないので、なんとか工夫して、台所しごとを簡単にラクにしたいと思います。

6人家族の「考えない台所」計画は、まだまだ続きます。
本当に考えなくても済むようになるまで、ずーっと続きます。随時更新していきますので、どうぞよろしくお願いします。

トラコミュ時短家事の工夫