2016/01/161 Shares

【専業主婦×自己管理】心・身体・暮らしを整える手帳の使い方

専業主婦×ママ手帳

スケジュール管理だけでなく、自分の時間や健康、モチベーションを管理するために、手帳を使いこなそう!と、新しい手帳を購入しました。

「自己管理能力を高める」「ひとり時間の確保」が目的です。

毎日時間に追われていて、いつもなんだか忙しい。でも、それって段取りが悪いとか、時間の使い方が下手だから。天気、体調、気分に左右されて、やるべきことを後回しにするからだと気が付いたので、身近な手帳を使って、まずは「自分を管理」します。

スポンサーリンク

専業主婦が選んだ手帳は「ママ向け手帳」

私が選んだ2016年の手帳は、家族の予定も管理しやすいママ向け手帳「ペイジェム B6 ファミリーマンスリー」です。

ママ向け手帳

リンクペイジェムママ向け手帳2016

家族のスケジュールに合わせて活動予定を決める主婦にとって、見開き1ページで1ヶ月分の家族の予定が把握できるのはとても便利。

そして、1か月分が、カレンダー、スケジュール、メモの見開き3ページのみの、シンプルな手帳なので、使いこなせなくて挫折することもなさそうです。(笑)老眼にやさしいB6サイズも嬉しいです。ぷ。

ママ手帳は、月単位で予定を考えられる

ほぼ日手帳weeks

今までは、ほぼ日手帳weeksを使っていました。

主婦の予定は、期日よりも、家族の予定に左右されます。子供の病気や学校行事、親からの呼び出しや突然の訪問など、「予定外のことが多い」ので、週単位で予定を考えるより、月単位で予定を考えた方がストレスが少ないと、気づいたので、来年からママ手帳に変更。

リンクほぼ日手帳weeks 2016

ママ手帳で自己管理能力を高める

ママ手帳

専業主婦の私が管理したいことは、以下の3つです。

  • 予定・時間を管理する
  • 健康・体調を管理する
  • 感情・モチベーションを管理する

心・身体・暮らしが整えば、その他のことは、だいたいうまくいく!
難しいことも、面倒くさいことも苦手なので、シンプルに、今、私の目の前にあることを、管理していきます。それがこの3つなのです。

予定・時間を管理し、暮らしを整える

家族の予定を管理する

見開きカレンダーに、家族全員の予定で「忘れてはいけない事、期限があるもの、変更できない予定」を書き込みます。

すでに決まっていること(決まった曜日の習い事・父のデイサービス日など)は、頭の中に入っているので、書く必要なし。予約ありの通院日時、イレギュラーな学校行事や予定を。

きっと毎日びっしり埋まることはないと思いますが、一番大切なことを書くページとなります。

健康・感情を管理し、心と身体を整える

私の心と身体を管理する

このページには、私自身を管理するために、私のことを記入していきます。目的はこの2つ。

  • ひとり時間を確保するため
  • ON・OFFの区別をつけるため

まずは、体調を管理するために、生理日の記録。実は前回いつだったか覚えていないことが多く、体調不良が続いてもそれが生理周期と関係している事がわかっていませんでした。

生理期間を含め10日間は、ほぼ使い物にならないので(汗)その期間にハードな予定を入れず、家仕事を優先します。

週に2日はジムに通いたいので、その予定や段取り、ブログを書くための写真撮影、資料集め、期日目標なども記入し、モチベーションが高く、集中力が続く日を狙って予定を立てます。

ひとりになれる時間に、誰にも邪魔されず黙々と作業するのが好きなので、何かをするにも時間が限られます。

それに更年期で気分も体調も安定しないので、出来る時にしっかり作業をこなすために、「やる日」と「休む日」をしっかり区別し、頭を切り替えないと、出来ないことがストレスになってしまうタイプだからです。

心と身体を整えることが、私にとって一番重要で大切。ここが整わないと、何も始まらないし、変われない。ここに記入することはいっぱいありそうです。ふふ。

やること・やりたいことを管理し、自己管理能力をチェックする

やるべきことを管理する

期日は決まってないけど、今月中にやること・やりたいことを箇条書きに記入します。

  • 「そろそろやらなきゃ!」と思っていること
  • 「そのうちやろう!」と後回しにしていたこと
  • もうすぐなくなるから、買わなきゃいけない買い物の覚書き

今、私が思い浮かぶことは、毎年行ってるがん検診とアレルギー検査の結果を聞く(私)、インフルエンザの予防接種(父、三男、私)、衣替え、服をクリーニングに出す、大掃除(断捨離も含む)、子供の靴の買い替え、トイレットペーパー、洗剤の買い出し、図工でつかうねんどを買う(木曜日まで)。とか、こんな感じ。

大掃除のような時間のかかる仕事は、「2階寝室のクローゼットの片づけ」「自分の洋服の断捨離」と作業を細かくわけて書く。ひとりで黙々と作業するのが好きなので、誰もいない午前中に出来るように、2時間一区切りにした方が効率が上がりそう。

この辺は自分の性格を考えて、やることを細分化するのがベスト。

見開き1ページあるので、思いついた事を、思いついた時に自由に記入。済んだ用事を横線で消していけば、1ヶ月と言う期限の中で、自分がやろうと思っていた事が、どれだけ出来ているのか、自己管理能力をチェックできます。

やるべき事がわかれば、予定も立てやすく、ストレスも減る

ママ向け手帳

そして、「やるべきこと」が明確にわかっていれば、段取りよく予定を立てられるようになります。

例えば、「ヨガの帰りに、買い物行って、ついでにクリーニングを出して、あ、靴屋に寄って靴も買うか!」とかね。(笑)こんなの頭の中で段取り組んで、スムーズにこなせばいいのでしょうが、自分のことじゃないので、つい忘れちゃうんですよね。

忘れてることも、忘れちゃって、「母さん、靴がきつくて痛い。」とか「あの服どこ?着るんだけど。」って言われて気が付いて、まだ買ってない、出してない・・・なんてことが多々ある。

「なんで頼んだのにやっといてくれないの!」
「そんな事言っても、母さんだって忙しいんだから。」

なんて言う、無駄な言い争いも減り、ストレスも減ります。段取りよく予定を消化できれば、ひとりの時間も確保できます。

さいごに

今朝も「今日、飲み会だから、会社まで送ってて~」と夫に言われ(車通勤なので)「えー、面倒くさっ」と思いながら送って行きました。本当はヨガに行きたかったんですけどね。主婦の予定なんて、家族のたった一言で崩れます。

主婦って雑用係や便利屋みたいで、なんだかな~?と思うこともあるんですが、私がいないとこの家庭はまわらないってわかっているので、優秀な雑用係、有能な便利屋を目指したいと思います。(笑)あ、私の場合はもうひとつ、優しい介護士の役目もあった。ぷ。

雑用が多く、家族の予定に左右される主婦だからこそ、忙しさに流されないように自己管理が重要です。ママ手帳は2016年からスタートします。使い方、使った感想などを更新していきます。